2020/11/14 21:16

ガスの街のアードウルフ

ガスの街は毎日どこでどんなガスが発生するかが変わる街。時には有毒なガスが出ることもあるため、住民の命を守る様々な装備がある。街の様々なところに行かねばならない配達人には、いかに有毒なガスに当たらず...

2020/09/05 18:46

尾貸し

尾隠しとも言う。幼い頃に親や兄弟を亡くしたキツネが世を恨み、物の怪に憑かれて害をなす存在になってしまうことを防ぐため、周りにいる大人キツネ達が子狐の尾を変化伝播(他人を変化させる技術)で見えなくす...

2020/02/16 00:43

機械の街のハート修理工場

誰かの強い想いは、この世界では「想い玉」というほんわりした光の玉として、目に見える形になって現れる想いの発生源は月の内側に限らず、どこか近くの星や、はたまた異世界のような場所かもしれないこの世界で...

2020/02/12 08:27

風船になった猫の話

月のうちがわのガスの街に住むマヌの話。 ガスの街に住むマヌルネコのマヌは仕事が苦手でした。仕事にやりがいを感じられず、自分がなんのために仕事をしているのか分かりませんでした。どうしてみんな楽し...

2019/11/25 00:13

雪の街に降る様々な雪

雪の街には他の街からくる風や雲などの影響で、時々不思議な雪が降ることがある。黒や黄色、ピンクや水色といった色がついた雪や、小さな球状でプルプルした感触のプルプル雪、カランコロンと音が鳴るカラコロ雪...

2019/11/25 00:12

雪鬼っこ

雪を降らせる雲に乗って、背中に氷の結晶を封じ込めた機械を背負った雪の街固有の鬼っこ。お化けの街に住む鬼っこの亜種、野生種で、雷の街の雷鬼っこと仲がいいらしい。ゆきんこーずに雪を降らせるきっかけとな...

2019/11/25 00:12

雪の街のビッグフット

雪の街で暮らす、白くてとても長い毛で全身を覆われている動物。カタコトではあるが文字言葉を話し、二足歩行。体はシロクマより一回り大きい。日々鍛えているので筋骨隆々で、もくもくと山を登るその姿がかっこ...

2019/11/25 00:12

雪の音を鳴らす妖精

雪の音を奏でられる妖精。それぞれ違う雪の結晶を音に変換する特殊な楽器で雪の降る静けさを音で表現すると言われている。数がとても少なく、雪の街のふもとに広がる山で時折目撃されるが、その音楽を聴いたこと...

2019/11/25 00:12

雪の街の暖房職人マヌルネコ

機械の街出身で、寒いのが大の苦手というか嫌いなため、自らを暖める最高の暖房を開発すべく雪の街で暮らしている、ストイックな職人。いつも仏頂面で無口、動きも緩慢なため、少し不気味で怖い雰囲気があるが、...

2019/11/25 00:11

雪の街のイエティ

雪の街周辺に住む、半野性生物(街の人と関わり合いつつも街に住まない者)。野性カピバラ同じサイズの白い毛玉に短い手足が生えいて、靴と手袋、帽子姿でいることが多い。魂言葉でゆきんこーずとコミュニケーシ...

2019/11/25 00:11

雪の街のゆきんこーず

雪の街周辺(トンネルの外)をふわふわ浮いている、お化けの一種。人間の握りこぶし~パイナップルくらいの大きさの白い毛玉のような姿で、耳当てのついた帽子を被っており、手がついている。という手袋をつけて...

2019/11/25 00:11

家具の街 ゴリラ組

心の優しい力持ちで、手先も器用なゴリラたちが集まるゴリラ組は、他の組のお手伝い専門という珍しい組である。資材の搬入や作業も、象からリス程度のサイズまで対応が可能で、病欠やケガ人が出た際にお声がかか...

2019/11/25 00:10

家具の街 キツツキ組

高い木の上の方に家を作れる組は数少ないが、その中の一つがキツツキ組である。通常のワシが暮らせるサイズの住居に対応しており、鳥たちのちょっとした別荘として人気がある。高い木に穴を開けて支柱を組む方法...

2019/11/25 00:09

家具の街 シロアリ組

土や砂で高層集合住宅を作るのが得意な白アリ組は、無言の職人集団である。寡黙でもくもくと仕事を行うさまに憧れる子供も多かったが、実はお尻から出すもので香り言葉を使っていることが最近わかった。その会話...

2019/11/25 00:09

家具の街 シャチ組

主に大きな川の近くや液体の街での建築を依頼されることが多いシャチ組。大きい建物の骨組みや外装を専門にしている。チームワークは抜群だが気性が荒いものが多く、ケンカしているようにしか見えないが、シャチ...